Your Song / ACIDMAN

不意に聴きたくなって久々に和訳を見ていたら、今年を生き抜いた人たちにぴったりな歌詞だったので、今年の締めくくりに置いておきます。


今年も、来年も私は貴方の戦いを認めます。


 

Your Song(和訳) / ACIDMAN


空を見上げた時に感じる この虚無感は何なのだろう 求めすぎなのかも それとも与えられすぎなのかも


きっとあなたも私達も間違ってはいない 欲望とは悲しさと共に強く存在するもので これは確かな事実で


今、内部の奥深く 何かが起きている 誰も気付いていない


祈ろう 互いの運命を讃えよう 私達は先へ行かなければならない 祈ろう 互いの戦いを讃えよう 貴方の呼び掛けが糧となる


ほんの少しの歪みから生まれるモノは大きすぎて 皆、戦う相手を見失ってしまっている


今、内部で起きているそれこそが 本当の敵なのに


私はここに立つ。そして 私は貴方の運命を認めます 私は貴方の戦いを認めます そして、私はここに立つ



最新記事

すべて表示

【整体教室】 5月のテーマは「脱マスク」です。 日本の社会全体で、ここまで個人が「自分を晒す」ことを避けた時代は有史以来のことだろう。(正高信男/霊長類学者) 「変な目で見られないために」、マスクを着け続けた代償は思いのほか大きいのかもしれません。 マスクのゴム紐によって緊張した体。 見られる緊張感がなくなり弛緩した体。 浅い呼吸によって草臥れた肺、落ちた腰。 「もう素顔なんて見せられない」なんて

「絵がうまいね。そのかわりにマスクしてね。」 「ポケモンの絵がじょうず。マスクしてや。」 「3年生になってもマスクつけてね!みているからね」 マスクマスクマスクマスク。 2年生で完全に定着している「マスクするのが普通」という認識。低学年だからこそ定着していると言うべきか。 大人にとってはマスクする生活がニューノーマルだけれど、小学校低学年、それ以下の年齢の子どもにとっては「玄関出たらマスクする」が