変わらない報道のあり方



【最近見たもの】


出所不明の「第4の変異株」猛威! 子供への感染例も多く防止対策に見直しの恐れ ワクチン接種が招く「変異株」拡大の好都合も(夕刊フジ 3月10日)


煽りワードを詰め込めれるだけ詰め込みましたという感じのタイトル。詰め込もうと思い過ぎて「防止対策見直しの恐れ」になっているけどそこは見直しの可能性で良いだろうとかいちいち突っ込むのも馬鹿らしいほど、最近見た見出しの中でもダントツでひどい。


最近はもっぱら変異変異だけれど、変異株の猛威系の記事と「花粉症と見分けのつきにくいコロナ、その違いは?」という記事が並ぶのを見て毎日くらくらしている。

この専門医は以前も名前を出したが、なぜこういう専門医が軽々と「流行したら大変なことになるのではないか」と書いてしまうのだろう。ワクチンの副反応に関する報道のあり方には警告するのに、コロナ報道のあり方には警告しないどころか、専門医が率先して危機だと書いてしまう。冬に感染が増えることも、変異することもプロなら早い段階から想定内なのに、そうした事態になるたびにこりゃまずいと発言し、それをメディアが過剰に書くということが一年以上も続いている。

最新記事

すべて表示

声明 -コロナ対策禍に寄せて-

何度目の発令なのか、何度目の延長なのかもわからなくなるくらい、緊急事態が日常となりました。 民間療法は数あれど、「風邪は引けた方が良い」、「風邪が体を修復している」という思想を持つ団体はなかなかありません。コロナはただの風邪という主張は未だ過激な主張と捉えられているようですが、コロナ以前からカルトとしてみられがちなのが我々野口整体。というのは冗談ですが、世界中が風邪感染症をどう捉えるかで混乱してい

確証バイアス

【今日見たもの】 緊急事態宣言に「陽性者減」の効果はなかった? 4つのデータから導かれる“衝撃の結論”(文春オンライン) 「やはり第三波は寒さの影響が一番大きく、増えたのも減ったのも、自然現象だったのではないかということです。これは「寒くなると風邪の人が増え、寒さが緩むと減っていく」という私たちの生活実感とも合っています。」 「過剰な自粛によって、職業や生活、生きがい、そして命まで奪われている人た

免疫

【今日見たもの】 抗生物質にまみれ…日本のニワトリが辿る「悲劇」をご存知ですか?(現代ビジネス) 劣悪な環境で育てられる鶏は病気になりやすく、抗生物質が必須。羽も広げられない鶏舎の密集度は満員電車のようなものと書かれているが、人間もいよいよ家畜に近づいてはいないだろうか? マスクとストレスで免疫力を下げ、綺麗に消毒し過ぎるがゆえに抗体が獲得できず、ワクチンを打ち続けないと生きていけない生き物になる