免疫


【今日見たもの】

抗生物質にまみれ…日本のニワトリが辿る「悲劇」をご存知ですか?(現代ビジネス)


劣悪な環境で育てられる鶏は病気になりやすく、抗生物質が必須。羽も広げられない鶏舎の密集度は満員電車のようなものと書かれているが、人間もいよいよ家畜に近づいてはいないだろうか?

マスクとストレスで免疫力を下げ、綺麗に消毒し過ぎるがゆえに抗体が獲得できず、ワクチンを打ち続けないと生きていけない生き物になるのではないか?



昔施術所の近くにお住まいのクライアントがいて、うつや頭痛が主な相談だった。施術所周辺には一軒家が多く、どのお宅も玄関先で植物を育てている。その方も一軒家にお住まいなのだが、その方のお宅にだけ植物がない。雨戸も常に閉まっていて、家自体がなんとなく病院のような無菌的な印象があった。お話を聞くと部屋の中も空気清浄機を使用して、除菌ジェルを持ち歩くという感じだったので、それらをやめてもらい、植物を育ててみるよう提案したらうつが改善したということがあった。



汚な過ぎる環境が良くないのはもちろんその通りで、衛生環境の改善と予防接種で生まれて間もない子どもが亡くなるということは少なくなった。が、片っ端から消毒してウイルスや菌にさらされない状態が続くとどうやら精神が不安定になる。体がそのように出来ているのかもしれない。


ワクチンは毒と言うつもりはないが、ほどよく汚い環境で自然に免疫をつけて生きていた今までが終わり、完璧に消毒された環境でワクチンに管理されて生きる未来はすこやかと言えるだろうか?



最新記事

すべて表示

先月サマソニに出演したイギリスのアーティスト。 「主催のおっさんがごちゃごちゃ言うけたけどめちゃくちゃにしたったわ」と笑顔で振り返る姿に、ろくに曲も聴いてないのに一発で好きになった。 心にヤングブラッドの精神で行こう。 沈没する日本で生き残るにはヤングブラッドになって好き勝手やるしかない。

「絵がうまいね。そのかわりにマスクしてね。」 「ポケモンの絵がじょうず。マスクしてや。」 「3年生になってもマスクつけてね!みているからね」 マスクマスクマスクマスク。 2年生で完全に定着している「マスクするのが普通」という認識。低学年だからこそ定着していると言うべきか。 大人にとってはマスクする生活がニューノーマルだけれど、小学校低学年、それ以下の年齢の子どもにとっては「玄関出たらマスクする」が

漫画家の倉田真由美さんは昨年からコロナを巡るあれこれに対して「おかしいのではないか」と発信している数少ない著名人だが、その倉田さんが「自分って意外と長いものに巻かれないところがあると知れた、今まで知らなかった自分に出会えた」と話していた。 コロナ対策に疑問を持つ主婦が「また増えてきて怖いねー」というママ友の発言に日々うんざりし、両親にはカルト扱いされ、旦那にも理解されないという、控えめに言って地獄