言葉の力


【今思うこと】

「緊急事態だったのかわからない」


政治家が会食しただとか、銀座のクラブに行ったことが話題に上がっていますが、この一年間ずっと疑問なのは、なぜ政治家が真っ先に逃げないのかということ。猛威を振るう感染症がテーマのパニック映画だったら、まだ国民に危機感がない時からこっそり会食を控え、自分だけが助かろうとするはずなのに、現実はこっそり会食するし、マスクの付け方を意識するようになったのも最近のように見える。

去年の前半は「危機感のないおじいちゃんたちだなぁ」と思っていたのですが、次第に「危機感がないんじゃなくて、そもそもそんなに危機ではない」と思うようになりました。メディアと国民が過剰に騒ぎ続けている中、政治家は厚労省の指導に忠実に行動している。緊急事態宣言も出す必要なかったしGOTOは続けたかった。なんならワクチンも日本では必要ないと思っているとしたら、なんだか同情したくもなるのですが、以前から言葉を大切に扱って来なかった政府の自業自得だともいえます。


本当に緊急事態だということを伝えたかったら、原稿ではなく自分の言葉で伝える必要があったし、原稿を読むだけであれば、感染が怖くて首相官邸に来ないという行動の方が危機感は伝わる。緊急事態でないのなら、メディアの煽りに負けず、国民の支持率低下も恐れずに語る力が必要なのだけど、それもない。


「少なくとも日本では何もかも止めてまで対策するような危機にはなっていない」と、きちんと説明する言葉があれば、今頃どんな世界になっていただろう。



最新記事

すべて表示

宗派の違い

仕事仲間のAさんはいまだコロナを過剰に気にするご両親の説得に奮闘している。先日会った時は「実家に帰ると怖がっていた頃の自分に戻りそうになる」と言うのでそれカルトの家庭で育った人のセリフですよと笑った。 マスク「スンナ派」と「シーヤ派」による宗教対立だと言う人もいて上手いなと思った最近、ますます宗派の対立が厳しくなっている。宗派の違い・コロナ観のベクトルが違うので話は噛み合わないし永遠に平行線をたど

声明 -コロナ対策禍に寄せて-

何度目の発令なのか、何度目の延長なのかもわからなくなるくらい、緊急事態が日常となりました。 民間療法は数あれど、「風邪は引けた方が良い」、「風邪が体を修復している」という思想を持つ団体はなかなかありません。コロナはただの風邪という主張は未だ過激な主張と捉えられているようですが、コロナ以前からカルトとしてみられがちなのが我々野口整体。というのは冗談ですが、世界中が風邪感染症をどう捉えるかで混乱してい

確証バイアス

【今日見たもの】 緊急事態宣言に「陽性者減」の効果はなかった? 4つのデータから導かれる“衝撃の結論”(文春オンライン) 「やはり第三波は寒さの影響が一番大きく、増えたのも減ったのも、自然現象だったのではないかということです。これは「寒くなると風邪の人が増え、寒さが緩むと減っていく」という私たちの生活実感とも合っています。」 「過剰な自粛によって、職業や生活、生きがい、そして命まで奪われている人た