自宅療養さまざま


【少し前に読んだもの】

「自宅療養さまざま」

自宅療養中にどんどん悪化し、10日後に入院するまでの日記。

このツイートに「32歳でも重症化するなんて怖い!」「パルスオキシメーター買いました」というコメントが付いているが、解熱剤の使い過ぎに突っ込む人はごく僅か。


ご本人にもウイルスと戦うのは自分の抵抗力、発熱しかないという認識はあったものの、辛さに耐えられず飲み、熱が上がるたびに飲み、最終的に解熱剤と鎮痛剤の併用を相談センターに勧められて飲んでいたのだから、この日記は「自宅療養に殺されかけた話」ではなくて「マズい自宅療養の仕方と頼りにならない相談センターに殺されかけた話」だ。


必ずしもご本人が悪いわけではなくて、そもそも熱を出した時の正しい対応をこの方に限らず知らなすぎるのと、相談センターの人にしか状況を説明できずほとんどほったらかしにされるというのが問題だ。もともと免疫力が低く風邪を拗らせやすいという思い込みのある人が一人で療養するのは不安も多いし、重症化するかも、死ぬかもという悪い予想がさらに体を悪化させる。医師とテレビ電話で毎日話せるだけで早く回復した or もっと早く入院できたかもしれない。


体を変えるために熱が出る。上げきれば下がるのに、ちょっと上がるたびに薬で下げればいつまで経っても経過しない。熱が出たら氷枕、熱さまシートという常識が命を縮める。


風邪リテラシーを高めねばという思いに反して、時代は薬に管理してもらう、AIに管理してもらう未来に進んでいる。

最新記事

すべて表示

陰キャの逆襲

あちこち出かけることでエネルギーを発散させる5種体癖、皆でわいわいご飯を食べるのが好きな3種体癖の人にとってこの2年間は地獄だった。宣言が解除されて一旦落ち着いている今も、「今まで好きだったことに興味が持てない、やる気力が湧かない」とうつ状態になっている人もいる。 逆に読書や研究に没頭することでエネルギーを発散させる1種体癖や、一人でいる方が元気でいられる2種や6種体癖の人はそこまで生活に変化がな

マインドの重症化2

8月の初めに海水浴に行った。 初めて行った海水浴場で、人の少ない場所から海に入ったら岩があちこちにある。足に岩が当たらないように恐る恐る入っていたら、ライフセーバーの女性がやってきて「この辺りは岩が多いのであっちの方に行くといいですよ」と、案内された場所に移動してみると確かに岩がない。その辺りに海水浴客が多かったのには理由があったのだ。もちろん全ての客が岩の多い場所を知っていたわけではなく、同じよ