自宅療養さまざま


【少し前に読んだもの】

「自宅療養さまざま」

自宅療養中にどんどん悪化し、10日後に入院するまでの日記。

このツイートに「32歳でも重症化するなんて怖い!」「パルスオキシメーター買いました」というコメントが付いているが、解熱剤の使い過ぎに突っ込む人はごく僅か。


ご本人にもウイルスと戦うのは自分の抵抗力、発熱しかないという認識はあったものの、辛さに耐えられず飲み、熱が上がるたびに飲み、最終的に解熱剤と鎮痛剤の併用を相談センターに勧められて飲んでいたのだから、この日記は「自宅療養に殺されかけた話」ではなくて「マズい自宅療養の仕方と頼りにならない相談センターに殺されかけた話」だ。


必ずしもご本人が悪いわけではなくて、そもそも熱を出した時の正しい対応をこの方に限らず知らなすぎるのと、相談センターの人にしか状況を説明できずほとんどほったらかしにされるというのが問題だ。もともと免疫力が低く風邪を拗らせやすいという思い込みのある人が一人で療養するのは不安も多いし、重症化するかも、死ぬかもという悪い予想がさらに体を悪化させる。医師とテレビ電話で毎日話せるだけで早く回復した or もっと早く入院できたかもしれない。


体を変えるために熱が出る。上げきれば下がるのに、ちょっと上がるたびに薬で下げればいつまで経っても経過しない。熱が出たら氷枕、熱さまシートという常識が命を縮める。


風邪リテラシーを高めねばという思いに反して、時代は薬に管理してもらう、AIに管理してもらう未来に進んでいる。

最新記事

すべて表示

宗派の違い

仕事仲間のAさんはいまだコロナを過剰に気にするご両親の説得に奮闘している。先日会った時は「実家に帰ると怖がっていた頃の自分に戻りそうになる」と言うのでそれカルトの家庭で育った人のセリフですよと笑った。 マスク「スンナ派」と「シーヤ派」による宗教対立だと言う人もいて上手いなと思った最近、ますます宗派の対立が厳しくなっている。宗派の違い・コロナ観のベクトルが違うので話は噛み合わないし永遠に平行線をたど

声明 -コロナ対策禍に寄せて-

何度目の発令なのか、何度目の延長なのかもわからなくなるくらい、緊急事態が日常となりました。 民間療法は数あれど、「風邪は引けた方が良い」、「風邪が体を修復している」という思想を持つ団体はなかなかありません。コロナはただの風邪という主張は未だ過激な主張と捉えられているようですが、コロナ以前からカルトとしてみられがちなのが我々野口整体。というのは冗談ですが、世界中が風邪感染症をどう捉えるかで混乱してい

確証バイアス

【今日見たもの】 緊急事態宣言に「陽性者減」の効果はなかった? 4つのデータから導かれる“衝撃の結論”(文春オンライン) 「やはり第三波は寒さの影響が一番大きく、増えたのも減ったのも、自然現象だったのではないかということです。これは「寒くなると風邪の人が増え、寒さが緩むと減っていく」という私たちの生活実感とも合っています。」 「過剰な自粛によって、職業や生活、生きがい、そして命まで奪われている人た