1月の整体教室スケジュール

〜「風邪の効用/野口晴哉」より引用〜


私の経験から言うと、いろいろな病気はたくさんありますけれども、自分で手掛けて一番難しいのは風邪です。私も昔、病気を治すつもりで風邪を治療していましたが、その当時は風邪というのは千変万化して非常に正体が掴み難いものでした。


実際風邪くらい厄介なものはない。また操法しだして一番難しい病気は何かと言うと風邪です。


その難しい風邪を世間の人は簡単に風邪だと考えて片付ける。ちょっと風邪を引いたくらいだと言っている。まあ乱暴というより他ない。


風邪は万病のもとという言葉に脅かされて自然に経過することを忘れ、治さねば治らぬもののように思い込んで、風邪を引くような体の偏りを正すのだと言うことを無視してしまうことはよくない。体を正し、生活を改め、経過を待つべきである。


こういう機会に風邪に対する考えが変わって、風邪というごく些細な体の変動に対する関心がもっと呼び起されれば、健康を壊すような風邪の治し方もなくなり、風邪を引くことで健康が壊れるというようなこともなくなるのではなかろうかと思っています。


〜引用終わり〜

 

整体教室1月のテーマは「風邪の効用」です。


風邪の治療がいかに難しいかを痛感し、治すべき病だと思うから難しいのだと気づき、風邪自体が体を修復する働きなのではと捉え方をひっくり返し、その働きを高めるために体を育むことが整体指導である。


「人間にとって風邪がどれだけ複雑で理解が難しいものか」という野口晴哉の実感が、整体は病気治しではなく体育であるという整体の基本への繋がります。


文中の「こういう機会」とは60年代のことですが、今の世の中を見ても野口先生は同じように「風邪にもっと関心を持て」と言うのではないでしょうか?


コロナはただの風邪ではない。耳にたこができるほど聞いた言葉ですが、ただの風邪とはどのようなものを指しているのでしょうか?

コロナの捉え方以前に、風邪の捉え方を考え直してみましょう。


風邪の効用を読むだけではわからない、実際の調整法を学びます。



稽古日

水曜昼クラス 14:00〜15:30

水曜夜クラス 19:00〜20:30

日曜朝クラス 11:00〜12:30

同じテーマでも稽古内容は毎回変えています。


会費

1回ドロップイン 2,000円(23歳以下の方 1,000円)

月謝 6,000円(23歳以下の方 3,000円)


お持ちいただくもの

替えの靴下、お顔の下に敷くハンカチ


予約フォームかお電話、LINEでお申し込みください。


最新記事

すべて表示

10月の特別講座は初心者向け講座と整体操法習得講座の2つがあります。 【初心者向け特別講座】「ゲーム好きのための調整法」 (セルフケアがメインの講座です) 10月の整体教室で行う内容で重要な部分を2時間半に凝縮してご紹介します。 体のために何か始めたいけれど何をして良いのかわからないという方にお勧めの講座です。 日時 10月10日(月・祝) 14:00〜16:30 10月22日(土)

整体教室10月のテーマは「ゲーム好きのための調整法」です。 年甲斐もなくスプラトゥーンを始めたらやめられなくなってしまいました。 ゲームは頭と腕を同時に使う遊びですが、頭の疲れは腕に残るので放っておくと余計に腕が強張ります。腕自体の疲れの取り方、腕に出た頭の疲れの取り方を学び、腕や頭の疲労がどのようにして腰痛や神経痛などを起こすのか、その仕組みと調整法を学びます。 もちろんゲーム以外で頭、目、腕が

9月の特別講座は初心者向け、マニア向けの2つの講座があります。 【初心者向け特別講座】「もっと不健康でいこう」 (セルフケアがメインの講座です) 整体は健康法のようで健康法ではありません。健康法を手放すための健康法というと矛盾しているのですが、「健康のために暴飲暴食しない人」、ではなく「多少暴飲暴食しても体に不調が残らないよう自分で調整できる人」を目指そうというのが私なりの整体観です。 目の疲れで