1月の整体教室スケジュール

〜「風邪の効用/野口晴哉」より引用〜


私の経験から言うと、いろいろな病気はたくさんありますけれども、自分で手掛けて一番難しいのは風邪です。私も昔、病気を治すつもりで風邪を治療していましたが、その当時は風邪というのは千変万化して非常に正体が掴み難いものでした。


実際風邪くらい厄介なものはない。また操法しだして一番難しい病気は何かと言うと風邪です。


その難しい風邪を世間の人は簡単に風邪だと考えて片付ける。ちょっと風邪を引いたくらいだと言っている。まあ乱暴というより他ない。


風邪は万病のもとという言葉に脅かされて自然に経過することを忘れ、治さねば治らぬもののように思い込んで、風邪を引くような体の偏りを正すのだと言うことを無視してしまうことはよくない。体を正し、生活を改め、経過を待つべきである。


こういう機会に風邪に対する考えが変わって、風邪というごく些細な体の変動に対する関心がもっと呼び起されれば、健康を壊すような風邪の治し方もなくなり、風邪を引くことで健康が壊れるというようなこともなくなるのではなかろうかと思っています。


〜引用終わり〜

 

整体教室1月のテーマは「風邪の効用」です。


風邪の治療がいかに難しいかを痛感し、治すべき病だと思うから難しいのだと気づき、風邪自体が体を修復する働きなのではと捉え方をひっくり返し、その働きを高めるために体を育むことが整体指導である。


「人間にとって風邪がどれだけ複雑で理解が難しいものか」という野口晴哉の実感が、整体は病気治しではなく体育であるという整体の基本への繋がります。


文中の「こういう機会」とは60年代のことですが、今の世の中を見ても野口先生は同じように「風邪にもっと関心を持て」と言うのではないでしょうか?


コロナはただの風邪ではない。耳にたこができるほど聞いた言葉ですが、ただの風邪とはどのようなものを指しているのでしょうか?

コロナの捉え方以前に、風邪の捉え方を考え直してみましょう。


風邪の効用を読むだけではわからない、実際の調整法を学びます。



稽古日

水曜昼クラス 14:00〜15:30

水曜夜クラス 19:00〜20:30

日曜朝クラス 11:00〜12:30

同じテーマでも稽古内容は毎回変えています。


会費

1回ドロップイン 2,000円(23歳以下の方 1,000円)

月謝 6,000円(23歳以下の方 3,000円)


お持ちいただくもの

替えの靴下、お顔の下に敷くハンカチ


予約フォームかお電話、LINEでお申し込みください。


最新記事

すべて表示

【整体教室】 5月のテーマは「脱マスク」です。 日本の社会全体で、ここまで個人が「自分を晒す」ことを避けた時代は有史以来のことだろう。(正高信男/霊長類学者) 「変な目で見られないために」、マスクを着け続けた代償は思いのほか大きいのかもしれません。 マスクのゴム紐によって緊張した体。 見られる緊張感がなくなり弛緩した体。 浅い呼吸によって草臥れた肺、落ちた腰。 「もう素顔なんて見せられない」なんて

【整体教室】 4月の整体教室のテーマは「上虚下実」です。 「SNS上で今はどっち側についておけば批判されなくて済むか」を最優先に考え疲れ果ててしまっている日本人。頭に気が上がり、丹田に力がなくなってしまう状態を上実下虚、逆に丹田に気が落ち、満ちている状態を上虚下実といいます。 使い過ぎている頭を休め、体を使う時間を過ごしてみましょう。 整体に運動神経は関係ありません。むしろ体を動かすのに苦手意識の

【整体教室】 3月のテーマは「型の追求」です。 整体の型を身につける目的は、 ・術者自身が体を壊さない ・腕力を使わず下半身の力を使う ・受け手を緊張させずに触れる などがあり、型を身につけると日常のあらゆる動作が楽に行えるようになり、武術や楽器演奏などにも応用できます。 効率の良い体の使い方が出来れば、自然と姿勢も美しくなります。 美しい型を追求しましょう。 9日(水)昼・夜クラス、13日(日)