陰キャの逆襲



あちこち出かけることでエネルギーを発散させる5種体癖、皆でわいわいご飯を食べるのが好きな3種体癖の人にとってこの2年間は地獄だった。宣言が解除されて一旦落ち着いている今も、「今まで好きだったことに興味が持てない、やる気力が湧かない」とうつ状態になっている人もいる。


逆に読書や研究に没頭することでエネルギーを発散させる1種体癖や、一人でいる方が元気でいられる2種や6種体癖の人はそこまで生活に変化がないのでダメージが少なかった。

言うまでもなく学者というのは一人で研究に没頭できるくらいなので1種体癖の人が多く、特に感染症の専門家にはマニアックなオタクタイプ(6種、9種体癖)が多いように見える。


私自身もどちらかと言えば出かけなくても人と会わなくても大丈夫なタイプだし、給食の時間も嫌いだったし、修学旅行も中学以降行っていない。それでもそれらが好きな陽キャに対して「ざまぁみろ」なんて思わないし、外に出る自由があるから家に居ることが苦ではなかったけれど、「自粛しろ」と言われ、選ぶ自由がなくなると一気に辛くなると感じた。


もともと家にずっと居ても平気なタイプの人が、「何もかもリモートで済むようになってほんとに楽チン♪」と思っていても言うてはいけないのだ。

もともと人と会わなくても、人とご飯を食べなくても平気なタイプの人が「居酒屋なんか別になくてもいい」なんて言うてはいけないのだ。


学生でにぎわう日吉商店街にも活気が戻ってきた。

盛大に陽キャの人流を作って欲しい。

最新記事

すべて表示

先月サマソニに出演したイギリスのアーティスト。 「主催のおっさんがごちゃごちゃ言うけたけどめちゃくちゃにしたったわ」と笑顔で振り返る姿に、ろくに曲も聴いてないのに一発で好きになった。 心にヤングブラッドの精神で行こう。 沈没する日本で生き残るにはヤングブラッドになって好き勝手やるしかない。

「絵がうまいね。そのかわりにマスクしてね。」 「ポケモンの絵がじょうず。マスクしてや。」 「3年生になってもマスクつけてね!みているからね」 マスクマスクマスクマスク。 2年生で完全に定着している「マスクするのが普通」という認識。低学年だからこそ定着していると言うべきか。 大人にとってはマスクする生活がニューノーマルだけれど、小学校低学年、それ以下の年齢の子どもにとっては「玄関出たらマスクする」が

漫画家の倉田真由美さんは昨年からコロナを巡るあれこれに対して「おかしいのではないか」と発信している数少ない著名人だが、その倉田さんが「自分って意外と長いものに巻かれないところがあると知れた、今まで知らなかった自分に出会えた」と話していた。 コロナ対策に疑問を持つ主婦が「また増えてきて怖いねー」というママ友の発言に日々うんざりし、両親にはカルト扱いされ、旦那にも理解されないという、控えめに言って地獄