陰キャの逆襲



あちこち出かけることでエネルギーを発散させる5種体癖、皆でわいわいご飯を食べるのが好きな3種体癖の人にとってこの2年間は地獄だった。宣言が解除されて一旦落ち着いている今も、「今まで好きだったことに興味が持てない、やる気力が湧かない」とうつ状態になっている人もいる。


逆に読書や研究に没頭することでエネルギーを発散させる1種体癖や、一人でいる方が元気でいられる2種や6種体癖の人はそこまで生活に変化がないのでダメージが少なかった。

言うまでもなく学者というのは一人で研究に没頭できるくらいなので1種体癖の人が多く、特に感染症の専門家にはマニアックなオタクタイプ(6種、9種体癖)が多いように見える。


私自身もどちらかと言えば出かけなくても人と会わなくても大丈夫なタイプだし、給食の時間も嫌いだったし、修学旅行も中学以降行っていない。それでもそれらが好きな陽キャに対して「ざまぁみろ」なんて思わないし、外に出る自由があるから家に居ることが苦ではなかったけれど、「自粛しろ」と言われ、選ぶ自由がなくなると一気に辛くなると感じた。


もともと家にずっと居ても平気なタイプの人が、「何もかもリモートで済むようになってほんとに楽チン♪」と思っていても言うてはいけないのだ。

もともと人と会わなくても、人とご飯を食べなくても平気なタイプの人が「居酒屋なんか別になくてもいい」なんて言うてはいけないのだ。


学生でにぎわう日吉商店街にも活気が戻ってきた。

盛大に陽キャの人流を作って欲しい。

最新記事

すべて表示

マインドの重症化2

8月の初めに海水浴に行った。 初めて行った海水浴場で、人の少ない場所から海に入ったら岩があちこちにある。足に岩が当たらないように恐る恐る入っていたら、ライフセーバーの女性がやってきて「この辺りは岩が多いのであっちの方に行くといいですよ」と、案内された場所に移動してみると確かに岩がない。その辺りに海水浴客が多かったのには理由があったのだ。もちろん全ての客が岩の多い場所を知っていたわけではなく、同じよ

マインドの重症化

【常に陽性者中心の報道であったか?】 いつまでも新規陽性者数中心の報道でよいのかという話が出ているけれど、東京の陽性者数が少ない時は全国の重症者数が過去最多だとか、全国の死者数が過去最多という見出しが踊っていたと記憶しているので、この一年半ずっと陽性者数中心の報道をしてきたんじゃなくて「その時その時の過去最多の数字中心の報道」をしてきたというのが本当のところでしょう。逆に「昨日の都内の退院者数」だ