身を守る手段としてのTVゲーム


【今思うこと】

「ドラマの中でまで現実を見たくない」


「天国と地獄」、毎週楽しみに観ているけれど、このドラマの第一話の冒頭、主演の綾瀬はるかが電車に飛び乗ると乗客全員に冷たい目で見られる。自分だけマスクをしていないことに気づきマフラーで口を隠して立っていると、同じく主演の高橋一生が近づいて来てマスクを手渡すというシーンがあった。ところがその後室内のシーンであっても誰もマスクを着けていない。綾瀬はるかが働く警察署でも、高橋一生が働く企業でも誰も着けていない。後に追う側、追われる側になる二人が偶然車内で会話を交わしていたという演出のためだけに現実が反映され、その後は反映されないというのがなんとも都合が良くて釈然としない。そして車内でのノーマスクが人を不快にさせるという印象をドラマが植え付けるというのもうんざりする。


去年有村架純が主演していたドラマもコロナ禍を反映させたドラマだったし、リモートをテーマにした恋愛ドラマもあった。


ニュースを見るとしんどいからドラマを観たい人もいるだろうに、そのドラマでも現実を見せられたら辛いだろう。CMもコロナと全然関係ないCMでも登場人物がマスクをしていたり、やっぱりコロナと全然関係ないCMが「ニューノーマルで行こうニューノーマルで行こう」とうるさい。


そんな私が去年からやっているのが昔のゲーム。スーファミからPS1、PS2のソフトまで来た。ストーリーに没頭し、どう攻略するか考えるのが適度な刺激となる。急な時代の変化に飲み込まれないよう、単純なゲームの世界に籠もった方が良い時もある。


最新記事

すべて表示

宗派の違い

仕事仲間のAさんはいまだコロナを過剰に気にするご両親の説得に奮闘している。先日会った時は「実家に帰ると怖がっていた頃の自分に戻りそうになる」と言うのでそれカルトの家庭で育った人のセリフですよと笑った。 マスク「スンナ派」と「シーヤ派」による宗教対立だと言う人もいて上手いなと思った最近、ますます宗派の対立が厳しくなっている。宗派の違い・コロナ観のベクトルが違うので話は噛み合わないし永遠に平行線をたど

声明 -コロナ対策禍に寄せて-

何度目の発令なのか、何度目の延長なのかもわからなくなるくらい、緊急事態が日常となりました。 民間療法は数あれど、「風邪は引けた方が良い」、「風邪が体を修復している」という思想を持つ団体はなかなかありません。コロナはただの風邪という主張は未だ過激な主張と捉えられているようですが、コロナ以前からカルトとしてみられがちなのが我々野口整体。というのは冗談ですが、世界中が風邪感染症をどう捉えるかで混乱してい

確証バイアス

【今日見たもの】 緊急事態宣言に「陽性者減」の効果はなかった? 4つのデータから導かれる“衝撃の結論”(文春オンライン) 「やはり第三波は寒さの影響が一番大きく、増えたのも減ったのも、自然現象だったのではないかということです。これは「寒くなると風邪の人が増え、寒さが緩むと減っていく」という私たちの生活実感とも合っています。」 「過剰な自粛によって、職業や生活、生きがい、そして命まで奪われている人た