私の現在地

2月。

「自分が陰謀論言ってる気になる」という方がいよいよ増えてきました。

旦那さんや親と話が噛み合わない結果そのように感じるのですが、「自分の考えはおかしいのではないか」という疑問は、うつに繋がる可能性があります。 1年経っても状況は相変わらず。こんな状況だけど前を向いてがんばりましょうなんてとても言えないし言う気もありませんが、「その違和感は私も抱いていますよ」と伝えることはできる。 同じ違和感を持っている人が自分以外にも居ることがわかるだけで、気持ちは少し楽になる。というわけで、去年も散々書いてきましたが今後も書きます。

今までは考えがある程度考えがまとまってから書いていたのですが、日々新たなトピックが出てくるため、出来るだけその日見た記事や、感じたことを時間を置かずに書き残し、自分の考えが極端な方に偏ってはいないか、自分がどの辺りに立っているのか、確認も兼ねて書いていきます。


【今思うこと】

「啓発してないことがルールになってるのを止めてほしい」


マスクせずに歩いていて、小・中学生に避けられることが最近立て続けにありました。

幼稚園から帰る途中の園児がマスクを外すと「ちゃんと付けて」と何回も怒られ、しまいに頭を叩かれるという場も見かけました。気分転換や運動のために散歩したにも関わらず、理不尽な理由で人に避けられ、理不尽な理由で親に怒られるこどもを目撃する世の中になってしまっています。


「屋外で人と十分な距離が確保できる場合は外しましょう」という厚労省の発信も、「5歳以下には不要、12歳以上は大人と同様に付ける」というWHOの発信も、国民にはまーったく届いておらず、ガイドラインに沿って歩いているこちらがマナーのなってない人として見られるなんておかしいでしょう。マスクせずに歩く人に絡む人も、こどもにマスクさせない非常識な親だと思う人も、実際はそんなにいないでしょう。


同調圧力に抵抗するのは疲れますから、気力のない時はマスクを付けて歩いた方が良い。でも、胸を張って歩く気力のある時は、マスクを外して外の空気を吸いましょう。

最新記事

すべて表示

宗派の違い

仕事仲間のAさんはいまだコロナを過剰に気にするご両親の説得に奮闘している。先日会った時は「実家に帰ると怖がっていた頃の自分に戻りそうになる」と言うのでそれカルトの家庭で育った人のセリフですよと笑った。 マスク「スンナ派」と「シーヤ派」による宗教対立だと言う人もいて上手いなと思った最近、ますます宗派の対立が厳しくなっている。宗派の違い・コロナ観のベクトルが違うので話は噛み合わないし永遠に平行線をたど

声明 -コロナ対策禍に寄せて-

何度目の発令なのか、何度目の延長なのかもわからなくなるくらい、緊急事態が日常となりました。 民間療法は数あれど、「風邪は引けた方が良い」、「風邪が体を修復している」という思想を持つ団体はなかなかありません。コロナはただの風邪という主張は未だ過激な主張と捉えられているようですが、コロナ以前からカルトとしてみられがちなのが我々野口整体。というのは冗談ですが、世界中が風邪感染症をどう捉えるかで混乱してい

確証バイアス

【今日見たもの】 緊急事態宣言に「陽性者減」の効果はなかった? 4つのデータから導かれる“衝撃の結論”(文春オンライン) 「やはり第三波は寒さの影響が一番大きく、増えたのも減ったのも、自然現象だったのではないかということです。これは「寒くなると風邪の人が増え、寒さが緩むと減っていく」という私たちの生活実感とも合っています。」 「過剰な自粛によって、職業や生活、生きがい、そして命まで奪われている人た