アンダーグラウンド


音が鳴った瞬間に視界がパッと開けるような、澄み渡るイントロ、これからの季節に合った躍動感のあるサンバ調のリズムと清涼感のある歌声、米津玄師にもあるような歌謡曲のテイストも漂っていて、時代が求めるものが集約されている感じがする。

完全に自分と違う世代が時代を作っているという感じで喜ばしいことなんだけど、しばらく聴いていると汗臭いロックバンドの曲が聴きたくなる。


出演予定だったフェス中止の連絡を前日に受けたバンドマンのコメント。

このタイミングで中止になることと、こうした事情でライブ文化が壊されるのは言語道断なんだけど、バンドが何万人もの人を集めてライブをやることに違和感はある。


最近のフェスはファミリーでも楽しめるような、ピースフルな祝祭空間みたいなものを売りにしているけれど、近隣への配慮をしないと次回の開催が危ぶまれ、昨年以降は感染対策の徹底とやらで声援すら出せない。人気のあるバンドほどガイドラインを守ってライブせざるを得なくなるのだが、そもそもバンドマンなんて無法者の集まりであって、湿気臭くタバコ臭いライブハウスやりたい放題ぶちまけるのが魅力なのであって、「ライブハウスにルールなし、自分の身は自分で守れやボケが!」と言っていい職業なのだ。バンドマンはライブハウスに帰ろう。アンダーグラウンドにしか出来ない役割がある。


お上の言う通りに従っていたらいつまでも戻れないし、もういいですよとも言ってくれない。落ち着いたら行きますなんて言う人を待っていてもしょうがない。自分で落ち着かせて今来ている人と良い時間を作るだけだ。



最新記事

すべて表示

10月の特別講座は初心者向け講座と整体操法習得講座の2つがあります。 【初心者向け特別講座】「ゲーム好きのための調整法」 (セルフケアがメインの講座です) 10月の整体教室で行う内容で重要な部分を2時間半に凝縮してご紹介します。 体のために何か始めたいけれど何をして良いのかわからないという方にお勧めの講座です。 日時 10月10日(月・祝) 14:00〜16:30 10月22日(土)

整体教室10月のテーマは「ゲーム好きのための調整法」です。 年甲斐もなくスプラトゥーンを始めたらやめられなくなってしまいました。 ゲームは頭と腕を同時に使う遊びですが、頭の疲れは腕に残るので放っておくと余計に腕が強張ります。腕自体の疲れの取り方、腕に出た頭の疲れの取り方を学び、腕や頭の疲労がどのようにして腰痛や神経痛などを起こすのか、その仕組みと調整法を学びます。 もちろんゲーム以外で頭、目、腕が

先月サマソニに出演したイギリスのアーティスト。 「主催のおっさんがごちゃごちゃ言うけたけどめちゃくちゃにしたったわ」と笑顔で振り返る姿に、ろくに曲も聴いてないのに一発で好きになった。 心にヤングブラッドの精神で行こう。 沈没する日本で生き残るにはヤングブラッドになって好き勝手やるしかない。